【奈良】歴史的建造物で食べられる『みやけ』のとても美味しいかき氷

グルメ

梅雨も後半となり蒸し暑い日が続きますね。気温も30度を超えてもう倒れそうです。

そんな日にはのんびり涼めるところでゆっくりとかき氷でも食べたいですね、ということで奈良市西端にある「みやけ」に行ってきました。

住宅街の一角に突然現れる屋敷

ここは奈良市の西端、富雄にある鳥見と言うそこそこの高級住宅街の一角にあります。

いわゆるみんなが想像する奈良ではありません。

ほんとに住宅地です。鹿もいません。知ってます?奈良で鹿がいるのは奈良公園およびその周辺だけなんですよ・・。

そんな住宅街に突然現れるこんな純和風の屋敷があります。

image

スポンサーリンク

大阪の豪商・旧鴻池邸表屋だそうです

大阪以外の人にはピンと来ないかもしれませんが、ここは大阪北浜にあった鴻池家の邸宅を移設した屋敷なのだそうです。
鴻池家というのは、鴻池新田という地名が残っていたり鴻池組、鴻池運輸など中堅規模の企業グループを持つ旧財閥で大物政治家も輩出している大阪の名家です。

imageimage

中に入るとこんな風にレトロモダンな置物があったり、

imageimageimage

日本庭園風なつくりになっています。

これだけでも一気に涼やかな気持ちになりますね。やはり和風建築は素晴らしい。

屋敷の中で食べるかき氷は絶品

庭の素晴らしさに見とれている暇はありません。ここは何といっても大人気店なので、続々と人が集まってきます。

なかは広々とした和室で50人くらいは入れるでしょうか。どうやら2階にも客席があるようです。

imageimageimage

趣のある邸内。畳はやはり落ち着きますね。

って、肝心のかき氷はまだですか。

スポンサーリンク

これが『みやけ』のかき氷だ!

ここのかき氷はボリューム満点で味にもこだわりがあるようです。
今回頼んだのはまずはこちら!

image

宇治金時ミルク!

しっかり抹茶の味がしています。ぜんぜん甘ったるさがなくてパクパク食べれます。
そして氷がふわふわです。どうやったらこんなにふんわり仕上がるのだろうか。
氷がとけてしまってもそのままグリーンティー的に飲めるので最後まで美味しくいただけました。

そしてもう一つはこちら。

image

いちごミルク!
どうも本物のいちごピューレを使っているらしく、たしかに色も香りも人工的ではない。
食べてみると甘酸っぱくてさわやかな味わいが広がります。

こちらも、とけてしまったあとはいちごミルクのジュースのように飲んでしまえるので、最後までサッパリと美味しくいただきました。

やはり暑い夏にはかき氷が良いですね。

ちょっと不便なところですけど、少し足を伸ばして来られてみてはいかがでしょう。

みやけ 旧鴻池邸表屋
みやけ 旧鴻池邸表屋は菓子・カフェの複合施設です。300年の歴史を感じる店内には素材にこだわる甘味メニューをご用意しております。和の空間でゆったりとしたひとときをお過ごしください。
タイトルとURLをコピーしました