【仕事】心を病まないために身につけたいダメ人間のスキル【ダメスキル】

営業

僕はかつて月に100時間を超える残業をしていたことがありまして、今でいう社畜をしておりました。

現在は家庭で家事をこなしまくる家畜となっておりますが、社畜だった時期もあったのです。

しかし社畜を続けているとどこかで歪みが生じるもので、ある日の通勤電車で耐えきれなくなった僕は、そっと電車を降りて大阪城公園をさまよったりしたことがあります。

その日を境に僕は社畜をやめました。

4年前の夏のことです。

以来、僕はいかにして自分を守るかを考え、心を病まないためのスキルを身につけました。

今日はそれらのうち特に使えるけど使うと危なそうな4つを紹介したいと思います。


↑今の会社に不満のある人はマイナビに登録を!

スポンサーリンク

ダメスキル4選

丸投げ

読んで字のごとく自らの仕事を他人に任せきりにしてしまうことですね。

僕の上司の得意技です。興味のないことは丸投げ、面倒くさそうなことは丸投げ、自分が評価されなさそうなことは丸投げ。

僕はそんな上司を蔑んでいましたが、いざ自分が使うとなると肩の荷が下りて時間も生み出すことが出来るという、効果絶大なスキルです。

ただし部下や他部門の人にやってしまうと、人でなし、無能、ポンコツと言ういわれなきレッテルが貼られます。また下手をすると丸投げで返ってくるので要注意です。

聞き流す

こちらも重要なスキルです。

世の中にはわざとこちらを試しにかかる卑劣な輩が顧客、社内を問わずひしめいています。

他愛もない会話の節々にトラップを仕掛ける、アラを探す、嫌味を言う。こういう連中の挑発にはのらず、のらりくらりとかわしましょう。

一番良いのは何かを考えているふりしてパソコンに向かうことです。無視するのが嫌なら忙しいので後でいいですかと言いましょう。

人のせい

上司からの命令、顧客からの無茶な要求、妻からの帰宅指示。約束できないこともありますよね。

やれと言われてできなかった時、どうしますか?

まあ言い訳をしますよね。下手に時間がなかったとか忙しかったとか言っちゃうとないがしろにしたと思われるのて、ここは人のせいにしちゃいましょう。

法務部門が承認しない、上司がウンと言わない、同僚がトラブってるなどなど自分ではいかんともしがたい感を醸し出すことが大事です。

前もって予防線を張るのも良いですね。

放置

やる意味がわからない仕事、やってもやらなくても何ら評価されない仕事ってありますよね。

そんなものは放置しておきましょう。絶対にやってはいけないのは期限を聞くこと。期限を聞くと仕事になってしまいます。仕事と認識していなかったことにするのが肝心です。

スポンサーリンク

注意点

以上ですがあんまりやりすぎるとこっぴどく怒られるかしっぺ返しがきますので重々お気をつけくださいね。

タイトルとURLをコピーしました