【転職】経験の浅い人や自信のない人は転職エージェントを使おう

転職

転職をする方法はいくつかありますが、あまり社会人経験がない人や自信のない人は迷わず転職エージェントに登録するのが良いと思います。

スポンサーリンク

エージェントを使うメリット

そもそもエージェントって?

転職エージェントとは転職を手伝ってくれる人です。

いわゆる求人サイトは求人情報を載せて、そこから応募をしたり質問したりできますが、基本的には自分で判断する必要があります。初めての転職だったり失敗を経験している人にはとてもありがたい存在ですね。
では具体的にどんなことを手伝ってくれるのでしょうか。

自己分析の支援

自己分析、新卒の就活の時にやりましたよね。あれ、どうでしょうか?うまくできましたか?正直、自分であれをやるのはとても難しくなかったでしょうか。

しかし難しいからといって自己分析をおろそかにするとこの先の転職活動が余計に厳しくなります。転職エージェントを使うとこの自己分析を手伝ってくれるのです。

自分の強みはどこか、弱みは何か、これからどうしたいのか、と言ったことを整理して転職活動に使える情報として整理して次のステップへと進みやすくしてくれます。

オススメの求人を探してくれる

自己分析ができると自分がどんな職場で働きたいか、どんな企業が向いているのかが見えてきます。
ところであなたは転職したいと思っている企業のことをどれくらい知っていますか?
どんな企業もそうですが、なかなか本当の姿は外からは見えないもの。名だたる大企業でも実は職場環境が悪かったり、無名でも実はものすごくよい企業かもしれません。

転職支援している企業はこういった表に出てこない企業情報をたくさん持っています。また企業からは、こういった人が欲しい、と言うリクエストが出ていますので、企業側のリクエストと転職希望者の条件とをマッチングして、その中からあなたにあった求人を探して紹介してくれるのが転職エージェントです。

とくに表に出てこない、いわゆる非公開求人を紹介してくれるのでサイトに登録してるだけの人よりも有利な状況に立てるのも転職エージェントを利用するメリットですね。

面接の指南もしてくれます

希望すればですが面接の指南もしてくれます。経験の浅い人やあがり症の人、面接が苦手な人いますよね。
そういった人にも面接のポイントをきちんと教えてくれたりします。

企業に最新の情報を聞いてくれる

面接を受けた後って次のステップに行けたかどうか、とても気になりますね。ドキドキしますよね。それは転職エージェントも同じで、自分の担当している転職希望者がうまく行ってるかどうかはとても気にしてくれます。

かと言って自分で企業側に聞くなんてことはまあできないですよね。ところが転職エージェントは立場が違うのでそれが出来るのです。

現在どんな状況か、他の面接者と比べてどうか、どんな条件なら次のステップに行けるか。そういったことを聞き出して対応してくれることもあります。

最後の一押しをしてくれる

最終面接まで終わると企業側の採用可否の判断待ちになるわけですが、その際、実は企業の方も迷っている可能性があります。

そんな時、もしあなたがもうその企業に決めている場合、最後の一押しをしてくれるのです。

もしかしたら企業から何か条件があってそれを承諾すれば内定をもらえるか もしれませんし、いまいちあなたの熱意が伝わっていなくて向こうも決めかねているのかもしれません。

転職エージェントは内定獲得の最後の一押しをする役割もあるのです。

スポンサーリンク

最後に

いかがでしょうか。こんなにたくさん転職支援をしてくれる転職エージェントですが、費用はいっさいかかりません。不思議ですよね。

自分もそう思って質問してみたんですけど、なんと転職エージェントは求人を出してる企業から成功報酬型で費用をもらってるんですね。

なので、転職希望者の方は安心して利用できるということみたいです。
最後になりますが、自分も経験者ですので転職活動というのはなかなかに難しいことはよく知っています。
とくに自分に合っている企業を探すのも、企業から探されるのも1人の力では限界があります。
転職エージェントはやはりその道のプロなので、めんどくさいなと思っても利用することをお勧めします。

これを読んでくださった方が良い転職活動ができることを願っています(^-^)

スポンサーリンク

オススメの転職エージェント

もし入社して数年の若手の方ならマイナビエージェントをオススメします。

新卒の際にお世話になった方もいるかもしれませんね。業界での歴史も長くいろんな企業の人事部ともつながりがあるので、あなたにマッチした求人を提案したり、よりよい転職支援を得られるはずです。

ぜひ一度登録して話だけでも聞いてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました