スタイルは気にしない 体のコリがある人にビジネスリュックがオススメ

営業

最近体の歪みのせいか疲れが取れにくく、首、肩、腰、膝に違和感を覚えることが多くなりました。歳のせいかもしれないけど日常生活にも支障が出るようになってきたのでなんとか改善しようとカバンをビジネスリュックに変えてみることにしました。

スポンサーリンク

ビジネスリュックのススメ

多くのサラリーマンはカバンは手提げか肩掛けを使っていますが、パソコン、スマホ、充電器、ノート、などあれやこれやと詰め込んでいくと結構な重量になりますよね。たぶん2キログラムは軽く超えているのではないでしょうか。

手提げで2キロ以上のカバンを持ち歩くと言うのはたいへんなので、そうなると肩掛けとなるのですが、実はこの肩掛けが曲者で一方の肩にだけかけ続けると体が歪んでくるらしいです。同じ肩にかけ続けないなど対策があるのですが、はっきり言って面倒くさいですよね。利き手の問題もあるし、ついつい同じ方の肩だけ使い続けてしまいます。
しかし、いよいよ体の具合も悪くなり始めたので思い切ってビジネスリュックを買って見ることにしました。

ビジネスリュックとはその名の通りビジネスシーンで使えるリュックスタイルのカバン。

初めは抵抗がありましたがなんのことはない、1日で慣れた上にもう肩掛けスタイルのバッグに戻れる気がいたしません。

スポンサーリンク

ビジネスリュックのメリット

首、肩、腰への負担減

片方の肩だけにかけ続けていると前述の通り体に歪みが生じます。体はどこかが歪むとバランスを取るように違う場所に負担がかかるようになるので、首、肩、背骨、腰、膝と少しずつダメージが蓄積していきます。
整体にいく、ストレッチをするなど対処法はありますが、根本原因を取り除くことも大事。ビジネスリュックにすれば両肩に均等に負担がかかるのと、背中や腰でも重さをささえるので本当に楽です。これに変えてから一気に肩のハリや頭痛が減りました。

両腕が自由になる

手提げだともちろん肩掛けでも片腕がふさがること、ありますよね。
ところがリュックにすると両腕が自由になります。本読んだりタブレットを使ったりする時に両手を使えるのはかなり便利です。

また、いちいち地べたにカバンを置くこともなく衛生面でも良いなあと思います。

急いでる時に走りやすい

急いでる時に肩にカバンをかけたり片手で持って走るのって結構きついですよね。
特に重たいカバンだと揺れるわ手から滑り落ちそうになるわでとても耐えられません。
リュックスタイルだともちろんそんなことはありません。走りたいだけ走れます(^-^)
全速で走っても辛いのは足と心臓だけ。
時間に追われているサラリーマンにはもってこいだと思います。

スポンサーリンク

ビジネスリュックのデメリット

メリットもあればデメリットも当然ありますね。

満員電車で邪魔

これはやはり避けられないですね。人は後ろにあるものってあまり把握できないんですよね。背負ってるリュックが人の邪魔になることは、かなり意識しないと知らず知らずに迷惑をかけてしまいます。
満員電車では前にかけるか暫く手で持つか、どちらかの対応が必要になります。

ビジネスシーンにそぐわないと思う人も

ビジネスマンはスマートに黒カバン!と決めてる人も中にはいると思います。
かくいう自分もそうでした。仕事にリュックとか(笑)って具合ですね。
でも実際にリュックスタイルにしてしまうとそんなこだわりは消えて無くなります。あと、ひとこと言いたがる人も世の中にはいらっしゃいますが、なんか言われそうなら腰を痛めてると言えば良いのです(^-^)

デザインが悩ましい

僕が最後まで悩んだのはココですね。
ビジネスリュックは選択肢も少なく、その中から自分の好みに合ったものを選ばざるを得ません。
デザインはいいけど高い、安いけどデザインはイマイチ、とか選り好みをしていると選択肢がなくなってしまいますね。どこかで妥協することが必要になります。

スポンサーリンク

僕が選んだビジネスリュックはこれ

いろいろ悩んだ末に選んだのはこちら。
akaumaのビジネスリュックです。

値段も手頃、大きめのパソコンも入る、ちょっとビジネス寄りのデザインなど、ちょうど良い感じでした(^ ^)

実際に届いたものもかっちりした作りで問題なさそうでした。
image
横にするとこんな感じです。

image
リュックの部分。背中のパッドがあるので楽チン。

image
ここの紐を引っ張るだけで長さ調節が簡単にできます。

体の疲れが慢性的になってきている人にはオススメです。

タイトルとURLをコピーしました