【営業】人は大人になっても成長できると思った

営業

人は大人になっても成長できるんだな。そんな事をつい最近実感しました(お腹周りのことではありません。)。ちょっとした必要に迫られて10年前の資料やらメールやらを漁っていたのですが、まあその内容のレベルの酷さときたら、頭から布団でも被って叫びたい気持ちになるくらいの代物でした。

10年前の僕は28歳。若手といえば若手だけど、いつまで若手のつもりだと言われ始める年齢ですね。

転職してきて2年目の年なので、たしかこの頃の僕の評価は最低ランクだったはず。会社の組織体制のしょぼさとか上司の育成能力の低さとか言いたいことは山ほどあるけど、たしかに僕自身の能力もちょっと納得いかないレベルでありました。

ただ現在の自分と照らし合わせて見て、この10年間、自分で言うのもなんだけどよくここまで巻き返せたなという気持ちは少しあります。

僕自身、それなりに成長できた理由は下記のような感じかなと思います。


    信念を持っていた
    上司が変わった
    読書、勉強をしていた
    いろいろなやり方を試した
    ランニングを始めた
    ブログを書くようになった

2.以外は能動的にできる事ですね。まあ2.もやろうと思えばできるのですが、、

ITの営業としては6.は影響が大きかったと思います。このブログはさくらインターネットのレンタルサーバーにwordpressをセットアップして運用しているものですが、もともとは自宅のNASがサーバー機能を持ってたので、そこでやりはじめたものだったんです。ただアクセスにアホみたいに時間がかかるのと、自宅のNASにインターネットからアクセスされるのが気持ち悪いのでレンタルサーバーに乗り換えたんですよね。

そんなことをやっている中で、システム作るときに何がたいへんで、どうすれば楽か、という事をいろいろ学ぶことができたのは効果的だったかなと。それまではサーバーたてるのなんかすぐでしょ、とか、運用なんてそんなたいへんなことないでしょ、と思っていたのが180度かわりましたし。

3.4.については、勉強しない営業ってけっこう多いんですよね。まあ口先と調整力さえあればなんとか様になる職種ではありますが、それでも勉強しない人は客先で話ができないんです。SEがついてきてくれるなら良いですけど、人不足の昨今、営業活動に逐一ついてきてもらうのも無駄が多いですし、そういう営業は嫌がられるんです。

その辺でも多少は営業としての価値を少しずつ伸ばしてこれたのかなと思います。

次はランニング。ランニングって単に走るだけじゃなくて目標をたててトレーニングもするし、一回のランの中でもペース配分や給水などそれなりにプランを考えるんですね。
それって仕事にも通じるものがあって、長期的なプランと短期的な戦術の組み合わせが大事になる営業活動にとても似ているんです。

と、ここまで書いてみて思ったんですが、やはりいちばん大事なことは信念を持って仕事をしてしたことですね。
僕はああなりたい、こうなりたい、というのはあんまりないのですが、お客さんのためになる提案をするという事だけはぶらさずにきたつもりです。

そういう気持ちを持ち続けてこれたことが、自身の成長に、そして今の自分に繋がってうまく回り始めているのかなと思います。
以上。

タイトルとURLをコピーしました