鶏口牛後

営業

僕の大事にしている言葉のひとつに「鶏口牛後」という言葉があります。

これは中国の故事成語のひとつ「鶏口になるも牛後になるなかれ」の略語です。

意味は「鶏口(小さな組織の長)にはなっても、牛後(大きな組織の底辺)にはなるな」という意味です。

この社会にはそれこそ大小さまざまな会社、組織、団体があります。
日本において最大の組織は日本政府でしょうか。会社でいうならトヨタ、MUFGなどですかね。

僕の勤めている会社は正直なところ巨大企業が本気を出せばひねりつぶされるようなちっぽけなところです。
提案コンペで本気を出されるとまったく勝てません。

こうして偉そうに営業のブログを書いている僕自身の能力も、そういった大企業に勤める方々には及ばないと思いますが、
ただ、いま勤めている会社においては、僕自身は概ね良い評価ももらえているし、能力的にも低いほうではないと思っています。

仮に大企業や、あるいはハイスペックな人たちの集まる会社に勤めたとして、高く評価される自信はいまのところありません。
おそらく今の規模の会社が今の僕にとってちょうど良いのです。

チャレンジ精神がないとか、小さな枠で満足していると言われればその通りですが、自分が評価されないところで居続けるのは精神的にもよろしくないですしね。

収まるべきところに収まる、というのは人生にとって大事なことの一つだと思います。

タイトルとURLをコピーしました