気をつけて使いたい今どきIT用語

IT

わたくし、SIerで営業職をしていますが今どきのIT用語についていけない時があります。その一例を少しご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

気をつけて使いたい今どきIT用語

○○ドリブン

○○には「データ」「テスト」「モデル」などが入る。なんのことかよくわかっていないけど使いたがられる。

使い方:アジャイルでテストドリブンな開発で進めたい!

(知らんがな(・ω・`))

AI(エーアイ)

猫も杓子もAI。if文の条件分岐もAIとか言いだしかねない勢い。

使い方:我が社もAIでなんかしたい。

(あ、これあかんやつや(・ω・`))

IoT(アイオーティー)

インターネット・オブ・シングス。すべてのものがインターネットにつながるという概念。

使い方:我が社の大事なデータはインターネットには出せないけどIoTで何かしたい。

(それIoTちゃうぞ(・ω・`) あと真ん中だけ小文字にしたやつ誰や!)

プロプライエタリ

オープンの反対。らしい。クローズドな。

使い方:プロプライエタリなシステムは将来の拡張性をうんぬんかんぬん

(舌噛みそうになるやん(・ω・`))

データレイク

データの湖。DWHと何が違うんだ。

使い方:IoTで集めたデータをDWHにストックしてデータレイクを作ってビジネス活用する。

(???(・ω・`))

コンサルおじさん

口だけ達者で頭と手が動かない単価の高い人。

使い方:コンサルおじさんの提案ならいらない。

(おっしゃる通りだと思います(・ω・`))

POC

ピーオーシー。proof of concept(概念実証)。

使い方:この取り組みはPOCからスタートしたい。

(ちゃんと本番までやらせろ(・ω・`))

TBD

to be determinedの略。要は、未定。テーベーデーとか発音しだしたら2度聞きしそうになる。コンサルが多用する。

使い方:その件はTBDで。

(リリース前でも言ってそうやな(・ω・`))

スポンサーリンク

流行り言葉は控えめに

茶化して書きましたがどれもこれも普通に使われている言葉だし、僕も使う事もあります。でもあまりこの手の言葉を多用するとお客様を置いてけぼりにしてしまう危険性があるんですよね。

流行り言葉は定着するまではそれぞれの頭の中で勝手に定義されてしまうからです。

僕は出来るだけ平易な表現で齟齬の内容に務めています。もしIT屋がドヤ顔で使ってきた場合は「日本語でOK」と言ってやりましょう(^-^)

タイトルとURLをコピーしました