【営業】営業が憂うつならゲーム気分でやれば良いんです

営業

営業に毎日勤しんでいるみなさん、営業てほんと憂うつですよね。特に営業になったばかりの人なんか、通勤電車の中で悶々としたり、会社の席に座った途端にため息がでたりしますよね。

僕も営業になって10年ですがいまだにそんな時もあります。でも最近は何とかやり抜く方法を見つけられてきた感じがしますね。

参考になるかどうかは分かりませんが、営業になって悩んでる方はご一読いただければと思います。

スポンサーリンク

営業が憂鬱ならゲーム気分でやろう

営業はロールプレイングゲームと思うべし

ロールプレイングゲーム、略してRPG。30代の男ならドラクエ、FF、ロマサガとか好きだった人も多いのでは?

僕は営業ってこのRPGの一つだと思うようにしてるんです。

 ある物語の主人公になっていろんなミッションをクリアしていくのがRPGですよね。どんな武器や道具を持つか、どんなルートを選ぶか、どんな仲間と一緒に行くか。

営業も同じで、今の自分が持てる武器は何か、道具は何か、誰と行くか。

これがはまると本当に気持ちが良いんです。

お客さんはモンスターではないから倒したりはできませんし、ほんとにやっつけてしまうととんでもないことになりますが、要はお客さんから参ったと言わせることができればいいのです。

レベル上げが肝心

ゲームでもそうですけど、レベルが低いうちは選択肢は限られています。武器も弱けりゃ道具も少ない。だからレベルを上げることが必要になるわけで、勝てそうな敵を倒しまくるわけです。

営業も同じです。いきなりラスボスから倒せるはずがないので、まずは経験値を稼ぐために数をこなすしかありません。

テレアポでも飛び込みでも、ひたすらやってみないことには経験値はたまらないですからね。

 たまにエグいお客さんに当たって瀕死になるけど本当に死ぬことは稀です。場合によっては逃げ出したって良いんです。

とにかくレベルを上げて楽に勝てる力をつける必要があるのです。

武器探しも大事

どんなにレベルが上がってもヒノキの棒のままではなかなか強敵に勝つ事は難しいです。

営業にとっての武器ってなんでしょうか。

それは自社の製品やサービスです。IT企業やSIerの場合はコンサルやSEの場合もあります。あるいは上司を使うということも考えられますね。

武器って装備するだけで自分の能力を高めることができるものですよね。ただし、ゲームでもそうですけどいきなり強力な武器は手に入らないものです。

その時の自分のレベルに応じたもの、ステージに応じたものしか手に入りません。また、相手に有効かどうかも見極める必要もあります。

勝てない敵もいると知る

ストーリーの都合上、勝てない敵もいますよね。あるいは運悪くむちゃくちゃ強いやつに出会うことも。ロマサガ2の初っ端のクジンシーとか、FF5のあいつとか。

営業しているとたまにそういうことに出くわします。

 明らかに当て馬にされている、初めからクレームをつける気まんまんで構えている、話だけ長くて買ってくれそうな気配が全くない、など。

そういう場合はどうするか。これはもう撤退するしかありません。

 しかし中途半端に撤退すると逃げきれなかったりダメージをうけることもあるので要注意です。時には味方(主に他部門とか上司)に後ろから撃たれる可能性もあります。

 勝てないと思ったらきちんと理由をつけてきっぱりとお断りしましょう。縁があればそのうちまた出くわしますし、その時にはステージが変わっているかもしれませんからね。

スポンサーリンク

とにかく楽しんだもの勝ち

営業職を続けて気づいたのですけど、本来の自分と営業マンとしての自分って全然ちがっていても構わないんですね。

 僕は基本的に内向型ですし普段はそんなにペラペラと喋るわけでもないのですけど、客先に行くとそれなりに喋ります。

表情や声のトーンも変えたりしながら、お客さんの反応を探ったり同行者に話を振ったりしてその場をしきることもあります。

そうしているとき、頭の中ではいつもの自分が「ああしよう」、とか、「こう言おう」とかいろいろ選択肢を選んで自分自身を動かしている感覚ですね。

そういうのって結構ゲーム的でおもしろいものなのです。どうせやらなきゃならないことなのであれば、いっそのことその場を楽しんでやるほうがよほど良いと思うのです。

もし営業が嫌で嫌でしかたがない、って人はいちど視点を変えて「自分はゲームをしているんだ」と思って楽しみながらやってみるのも良いかもしれませんよ。
 なんて書いてみましたが、僕もまだまだ未熟者。お互い頑張っていきましょう^_^

タイトルとURLをコピーしました